本文へスキップ

マイクロオフィススペシャリスト 資格GET

Excel2010スペシャリスト(一般)/マイクロソフトオフィススペシャリスト 資格取得

Excel2010スペシャリスト(一般)

数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelの基本的な操作を理解している方を対象とした資格です。

項目 内容
問題数 約20〜45問(問題数は科目によって異なります。)
出題形式 コンピュータを使った実技試験(CBT試験)
試験時間 50分
受験料 10,290円(税込)


■出題範囲
Excel 環境の管理
  • ワークシート内を移動する
  • ワークシートやブックを印刷する
  • Backstageを使用して環境をカスタマイズする
セルデータの作成
  • セルのデータを作成する
  • オートフィルを適用する
  • ハイパーリンクを適用する、操作する
セルやワークシートの書式設定
  • セルの書式を適用する、変更する
  • セルを結合する、解除する
  • 列や行の見出しを作成する
  • 列や行を表示する、非表示にする 
  • ページ設定のオプションを操作する
  • セルのスタイルを作成する、適用する
ワークシートやブックの管理
  • ワークシートを作成する、書式設定する
  • ウィンドウの表示を操作する
  • ブックの表示を操作する
数式や関数の適用
  • 数式を作成する
  • 優先順位を正しく理解する
  • 数式にセル参照を適用する
  • 数式に条件付き論理を適用する
  • 数式に名前付き範囲を適用する
  • 数式にセル範囲を適用する
視覚的なデータの表示
  • ワークシートのデータを使用してグラフを作成する
  • 図を適用する、操作する
  • 画像編集機能を使用して画像を作成する、修正する
  • スパークラインを適用する
ワークシートのデータの共有
  • Backstage を使用してブックを共有する
  • コメントを管理する
データの分析と整理
  • データを抽出する
  • データを並べ替える
  • 条件付き書式を適用する



■試験方法・受験環境

試験はすべて実技試験。筆記試験は一切ありません。
各試験会場に用意されたパソコンを使い、問題の指示に従って正しい操作が行えるかを判定します。
※Mac版Officeの試験は現時点では行っておりませんのでご了承ください。

OS Windows XP / Windows Vista / Windows 7
日本語入力システム MS-IME2010
キーボード 106 / 109(JIS配列)
モニターサイズ 17インチ以上(液晶の場合は15インチ以上)
モニター解像度 1280×1024 あるいは 1024×768
マウス 光学式、ボール式(ホイール有・無)





MOS通信講座

  ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト講座

ゲーム感覚でハマれるCD-ROM教材は、受講生に大人気です。

ユーキャンなら、CD-ROMの流れに沿って問題を解いていくだけで、簡単にスキルアップが目指せます。時間も1日15〜30分と、無理なく取り組めます。

     マイクロソフトオフィススペシャリスト 講座パソコン講座                          

パソコン初心者からWord・Excel・PowerPointのスペシャリストをめざしたいという方におすすめのコースです。